\1日50円で50講座以上ウケホーダイ/
簿記2級

【簿記】仕訳のコツはこれだけ!わかりやすい覚え方を解説【初心者OK】

簿記の仕分けポイントとコツ簿記2級

どうも Mkujiraです!

今回は

簿記の勉強をしているんだけど、どうも仕訳がわからない。

ルールや仕訳方法の簡単な覚え方はないかな。

仕訳をするときに勘定科目を貸方、借方の

どっちに書いたらいいのかわからなくなる。

今回は簿記の仕訳を理解したい、迷わず仕訳をできるようになりたい方に向けて、簡単な覚え方などを解説していきます。

仕訳のルールや書き方ってイメージしにくいですよね?

実は仕訳攻略のコツ・ポイントは増減にあったのです。これを知るだけで仕訳がとても簡単にできるようになります。

なぜなら試験に5回も落ちた僕が今回ご紹介する方法を実践してからは仕訳で迷うことが少なくなり、点数も伸びて合格することができたからです。

この記事を読み終えることで

  • 簿記のルールが理解できる
  • 迷わずに仕訳ができるようになる
  • 点数UPにつながる

以上のことを目指しています。

これから詳しく説明していきますね。

※今回の記事はパブロフ簿記を参考にしています。

簿記の仕訳とは

仕訳ポイント

企業の取引内容を簿記の仕訳帳に記録することを言います。

取引とは物品を買ったり、商品を売ったりする際のお金の出入りのことです。

日常生活に置き換えると、普段の買い物や光熱費の支払いなどをイメージするとわかりやすいと思います。

例えば服を買うときを想像してください。

100円の服を買う場合、現金100円を支払ってと服を買いますよね?

このやり取りを取引といいます。

取引をした際のお金の出入りを仕訳帳に記録する際に使う知識やルールが仕訳です。

ものすごくおおざっぱにいうとすごく詳しい家計簿のようなイメージです。

簿記ではこの仕訳帳をもとに、損益計算書(PL)や貸借対照表(B/S)を作成します。

次に、仕訳のわかりやすい覚え方をお伝えしていきます。

仕訳のわかりやすい覚え方

簿記を勉強する際にこの仕訳の方法がわからなくてつまづくことが多いんですよね。

僕は雰囲気で理解したつもりでいて、全く点数が伸びませんでした。

とても苦労した中で理解できた覚え方をお伝えしていきますね。

step1:B/SとPLを箱に分けて考える

損益計算書(PL)貸借対照表(B/S)の記事でも説明しましたが、仕訳を理解する際も箱のイメージがとても役立ちます。

損益計算書は大きく費用と収益の項目に分けて考えます。

そうすると下のような図になります。

えっ?!ホームページが1万円で作れるの?!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました